2022年8月27日(土)~28日(日)、チュニジアでTICAD8(第8回アフリカ開発会議) が開催されます!
3年に1度のTICADを機に、MPJ Youthでも、私たち大学生の同世代である日本の若者に、アフリカが身近にあること、その魅力を知ってもらうための企画を4つ、実施します。

イベント名概要開催日時・場所特設ページ
メインイベント:
政策提言コンペティション
政策提言に若者の視点を持たせることで革新的な発想を創出するとともに、アフリカの現状について多くの人の理解を得ることを目的とする。「真に開発されたアフリカとはなんだろう」と考える機会にすべく、アフリカの地域を対象にしたモデルケースにおいての開発支援事業をグループごとに提案していただく。
対象者としては、MPJ Youth内外の様々なバックグラウンドをもつ若者の参加を募り、グループを編成してディスカッションを行う。提言を行うに際して必要な知識や経験を有した社会人を招き、議論や提言へのフィードバックを得て、TICADらしく日本政府主体でできる開発支援のいろはを学ぶとともに、「開発された状態とは?」を考え直す。
9月23日(金)       
9:00~17:00予定
@オリンピックセンター
第一ミーティング室
政策提言コンペティション特設サイト
サイドイベント①
日アフリカ文化交流
アフリカに対してあまり知識のないライト層を対象に、日本とアフリカの相互理解を深めることを目的とする。クイズやレクリエーションなど、語学力や知識が充分でない学生も気軽に参加できるようなプログラムを行い、日本の学生にはアフリカを、アフリカの学生には日本を、より近い存在として認識させる。8月31日(水)
14:00~17:00
@新宿
(詳細は後日公開)
サイドイベント②
アフリカンフォトパーティー&映画祭
アフリカについての知識や熱意が潜在的である若者を対象に、より近いものとしてアフリカを認識させること、また対外的にもその成果をアピールをし、日本におけるアフリカの理解を深化する目的で、フォトコンテストと映画祭を行う。
フォトコンテストは懸賞目的ではなく「パーティー」としてアフリカにまつわる写真をSNS 等でハッシュタグを介する、応募フォームに記入してもらうことの2つのルートから募集してシェアし、風景や人物など部門ごとの優秀作品をストーリーを添えて冊子化する。
映画祭では、メインイベント前の別日にアフリカにまつわる映画を鑑賞する。
本企画の実施報告を、姉妹企画の基調講演&パネルディスカッションと合わせて冊子化し、TICAD8とMPJ Youthのパートナー事業におけるサイドイベントの記録とする。
【映画祭】
8月18日(木)
13:30~15:45頃
(13:00開場)
@目黒区
東京大学駒場キャンパス教室         
フォトパーティー特設サイト
サイドイベント③
基調講演:パネルディスカッション
アフリカの開発について第一人者から学び、議論し合い、独自の結論に至ったという成果を日本の若者が得ること、また対外的にもその成果をアピールをし、日本におけるアフリカの理解を深化させることを目的とする。「真に開発されたアフリカとは何か」など5つのテーマの下、イベント前半にゲストから講演、質疑応答を実施し、後半は登壇者と学生がパネルディスカッションや質疑応答を行う。登壇者として、前タンザニア駐箚特命全権大使の後藤真一氏、東京大学名誉教授/JICA特別顧問(前理事長)の北岡伸一氏、岡山大学准教授/文化人類学者の松村圭一郎氏をゲストにお迎えする。
素人である若者が、講演やパネルディスカッションを通して知識を養うとともにアフリカに対して当事者意識を持ち、難問に対して固定観念に囚われない自分なりの視点を生み出しながら議論する。
また、本企画の実施報告を姉妹企画のフォトコンテスト&映画祭と合わせて冊子化し、TICAD8とMPJ Youthのパートナー事業におけるサイドイベントの記録とする。
8月17日(水)
12:00~14:40 (11:30開場)
@JICA地球ひろば 国際会議場
基調講演・パネルディスカッション特設サイト